1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
過去への旅(2016年振り返り)

はいっ!続いて2016年!
実質的に、タキツバ活動ラストイヤーでーす☆(あえて明るく)

☆1月
幸先だけは良かった!!
「YOUは何しに?タッキー&翼CONCERT そこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ」
というジャニーさんが直々に考えてくださったという不思議タイトルのコンサート開催!通称新春コン。
てか今改めて文字打ち込むと、東京じゃないしwwっていう。

私は初日のみ参加しました〜。
やーお正月から滝翼魂行けるなんて嬉しかったなぁ。
しかもアルバムリリース直後のコンサート。
とても期待を持てる年の始まりでした。

 

しかもアリーナツアーということで、翼さんにとっては2014年のリベンジコン。
そういう意味でも大事なコンサートでしたね。


中身もとっても良かった!!
滝翼仲良し!タキツバファミリー最高!的な意味で楽しいのはもちろんのこと、

コンサートとしても満足度が高かった!


滝さんが鼠小僧でお忙しかったので、翼さんがリードしたとのことでしたが、
定番だけじゃなく、新しい挑戦も、という意識を感じられて本当に嬉しかった。
そうなの、それなの。そういう意識をずっと見せてほしかったんです。
新しい曲をちゃんと披露するってのが一番大事!!(そうしないと素敵楽曲が永遠にお蔵入りする)

翼さんが「グループとしてさらに前に進むために新しいものにチャレンジしていかないといけない」

と会報でお話されていて、その意識がちゃんとあったことに安堵したし、

それが実際実現していて感動した。

 

中身としてはアルバム曲やりつつ懐かしい曲やりつつシングルもありつつのほんと盛りだくさんで。
前回のホールツアー終わったばっかりで、かつ滝沢さんは別仕事あった中で、
よくこれだけ内容の違う中身の濃いコンサート作ったなぁと素直に感心&感動でした。
序盤のアゲアゲ曲構成と、中盤黒キラキラスーツで魅せコーナーがとにかく良かった。


アルバムで気に入った2曲(愛し尽くす、ペンデュラムラブ)が

ライブのステージでしっかり披露されて嬉しかったなぁ。

ますますお気に入りになった。

この2曲&「STARLGHT〜」は翼さんが振り付け(ステージングもかな?)した曲。

どれもとっても素敵で、やっぱり翼さんのセンス好きだなぁと思いました。
滝さんもがんばって踊っていてえらかったぞ!

 

アンコールも盛りだくさんで、ダブルアンコールまでやってくれて。全体で3時間弱でした。
本編ラストはちゃんと手繋ぎありでした☆

 

衣装もわりと外れなく。
いつものキメキメキラキラスーツだけじゃなくて、

いきなり登場したら特攻服でだったりして、新しい感じで楽しかった!

 

あとオープニング映像も新春!て感じで好きだったな〜。
それにまずふたりからの手書きメッセージがビジョンに映し出されて、

その時点でもう結構感動してた思い出(笑)

 

そしてやはり横アリということで、

一昨年末、あの広いステージを滝沢さんが一人で守ってくれた姿を思い出しながら、
とてもテンション高く楽しそうにはしゃぎつつ、心込めて歌いあげる翼さんを見て感涙でした。
翼さんも最後のあいさつで感極まってました。

 

ちなみに、翼さんは序盤のテンションの高さが異常で、

開始早々に客席ダイブしそうな勢いだったらしい(自分のツイより)。
ただ、今井さん自由すぎて、歌わないこと多すぎるなーと当時は少し不満に思ったのですが、
今思うと、あの大きい会場で音拾うのはしんどかったのかなぁ…?
復帰後のプレゾンでも生歌はちょっとしんどそうだったもんね。
身体的には元気に見えたし、今までもテンション上がって歌わないことも多々あったし、
楽曲とかパートとか選んで歌ってなかったので、ただ単に自由なのかなーって思っちゃったんだよね。
結局真相はよくわかりませんが……。


それから数年ぶりにパンフがあったのもかなり嬉しかった!!
どのショットも大変にカッコイイです。てかもうふたり並んでいるだけで最高。


で、結果として、これが最後の(※暫定)滝翼魂となったわけですが。
やーほんとに。最後にアルバム引っ提げたコンサートができて、内容もかなり良くて、
しかもそれがちゃんとDVD・BDになって本当に本当に良かった!!!
パンフまで揃ってたとか奇跡に近い!!

これからもこれを大切に見よーっと。
DVD感想書けたら書きたいなーー。

 


☆春〜夏
滝沢さんは春は歌舞伎、そして鼠小僧パート2。
夏には、エアギターで一世を風靡(笑)
ちなみにこの年から歌舞伎に先輩ご出演。

 

翼さんは何してたのかなー?
体調整えつつドラマ撮影とフラメンコとかのお稽古かな?

そういやまた4月にBTFの来日公演がありましたが、翼さんの出演はなく残念。

まあ結構ガラリと内容変わっちゃってたもんね…(一応観に行きました)。

またいつか機会があると良いなー。

 


☆10月
翼さん出演のNHK時代劇が9月末から放送スタート。
懐かしの忠臣蔵!しかも藩主さま!お殿様!
しかしなんか昔から忠臣蔵苦手で、ごめん、見てない…。
録画はしているから、いつか見るね…きっと……。

 

そして「GOEMON」再出演!しかも東京凱旋!!
やーこれも本当に嬉しかったなぁ。
前回の出演が評価されたから、今回もお声が掛かったわけで。
しかも今回は2役を仰せつかり、出番も増えて!
ドアウェイな環境の中、着実に実績を積み上げていく翼さんが誇らしかったな。

 

公演の中身としては、カルデロン神父が素敵なのは変わらずですが(神父やめた後の洋装好き)、
なんと言っても今回初登場の霧隠才蔵!!

登場して五右衛門さんとちょいとやり合って、

おおおまえはまさか!的な感じで突然座って話し込み出すのに笑ったし、
しかもその内容が、五右衛門さんと才蔵は伊賀の里でともに忍術修業をしたとかいう設定でさらに笑った。
五右衛門さん、突如の忍者経験あり設定wwちょ、設定盛りすぎww
もともとはちゃめちゃな舞台ですが、この追加によってさらにはちゃめちゃさが増したww
もうほんと何でもありな舞台だな〜(良い意味で)。

 

今井さんとしては、歌舞伎の台詞回しやお化粧がんばってたり、

立ち回りがんばってたりでまた新たな挑戦でしたね。
才蔵として客席を駆け回る姿を見られて嬉しかったよ〜。
忍者っぽく上手にさっと登場したときはテンション上がった〜。

 

あとは相変わらず吉弥さんが良い女すぎるのと、阿国ちゃんの踊りが圧巻だったなぁという思い出。
花道横で観劇したときは、石田局が後ろ髪引かれつつ聚楽第に連れて行かれるシーンで、
吉弥さんの表情とか動きとかの創り込みの細かさが半端なくて圧倒されました。
とても繊細なんだけど鬼気迫る感じもあって。
ほんと一時も目を離せませんでした。
石田局は通常モードでは武家の女としての矜持が美しく、

対神父だと恋する乙女ちゃんになるのが良いですよね〜。

壱太郎くんの阿国ちゃんもやはりすごくて。
2幕の踊りのシーンでは、最終的にはたった一人で客席の視線を集めて気迫の舞。
彼女の踊りの熱で劇場全てが飲み込まれるかのようでした。

 

前回公演の経緯からちょっと心配しましたが、

そんな素晴らしい舞台に再び翼さんが出演できて良かったなと思いました。
「出雲屋」っていう屋号もいただけたみたいで良かったね☆

 

また松竹さんとご縁があると良いなぁ。切実に。

でも絶対翼さんとお仕事した人は翼さんに良い印象抱くから、

きっとまたいつかご縁が繋がると思うんだよね!


あとは今井さん35歳のお誕生日!
出演者の皆さま(&お客さん)にあたたかく祝ってもらえたみたいで何より。
この年の滝沢さんからのエピソードって何かありましたっけ?
てか滝沢さん観に来たのかな??
私が情報つかめてないだけなのかな…?

 


☆12月
滝沢さんが初のディナーショー開催。
まっちさんが毎年やっているDSを今年はやらないことになって、
箱が滝沢さんに回ってきたって話だったと記憶していますが、
結局これ以降毎年恒例になりましたね。

歌舞伎にしろDSにしろ、滝さんのソロは固定化したお仕事になるんだよなー。

ユニ活動も時期固定化してくれればなー。例えば毎年9月はユニ月間!みたいな感じで。

でもその時期翼さんがソロ仕事してたりするからなー。

結局それぞれのソロの合い間を縫ってのユニだと、なかなかスケジュール合わないんだよね。

DSもさすがにふたりでやると客もみんなカオスになるからなー。あれは一人でやるもんだよね。

 

翼さんは特番でエジプト文明を探究するお仕事がありました。

2泊4日でのエジプトロケって、相当ハードなお仕事…!

もう体調万全ってみなされてたのかな?

 

☆その他
あとはこの年に今井さんの雑誌連載が2つありました。
「saita」の「翼メシ」は、お料理する翼さん!!
わりとほわっとしたプライベート感あるお写真でときめいたな〜。きゅんきゅん。
腕まくりしてお料理してるのヤバイよね…。かっこいい……。

 

「DANCE SQUARE」の「&T」はカッコイイ系の写真が多かったですかね。
ダンス雑誌だけあって、キメポーズとか踊っているショットとか。
テキストも読み応えあって良き連載でしたな。
そして専門誌なのかってぐらいいつもふぉーゆーがたくさん載っていて、
なんかきみたち良かったねえって思ってました。

 


☆総括
こうして振り返ってみると、なんかこの年がターニングポイントだったのかなぁという気がしてきますね。
ユニは年始のコンサートのみ。

あのコンサートは実質2015年の続きのようなものなので、2016年は何もなかったようなもの。
ユニなしソロオンリーの1年なんて、別に今までもあったことですけど、
誕生日の話が聞こえてこないとか、互いへの舞台の観劇情報がない

(私が見つけてないだけだったらスミマセン)のがちょっとおかしいなーと思ったかな。
そして結果論としては、結局ここからユニを復活させることはできなかったんだもんなぁ。


んーー年始のコンサートでは、そんなに違和感はなかったんだけどなぁ。

てかむしろ、”タキツバとしてこれからもっとがんばっていく”っていう意識が見て取れた気がしたし。
確かにそのとき、「今年はソロ活動もあるよ!」というお話はあったけど、

当然ユニをベースにしてソロあるよって話だと思ったし、何ならその言葉に歓声上げたくらいだったし。
まあソロコン期待してたので、それとは違ったけど…。

 

そしてこの年は事務所が騒がしかった年でもあります。
私は直接的には関係ないと思っていたのですが、無関係ってことはないのかねぇ。よくわかりません。

滝翼 | - | -
スポンサーサイト
- | - | -