1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
2018年振り返り

やっと追い着いた、のか…?
1ヵ月遅れで、2018年振り返り。
正真正銘タキツバラストイヤ―。
とってもつらい年となりました…。
まさか、こんなふうに終わるなんてね…。

 

 

☆3月
まず書き始めるのが、これってのがほんとつらいんですけど、
3月末頃に翼さんが再入院したこと、それに伴い「マリウス」を降板することが発表されました。
ちょうどその前週ぐらいにマリウスの振込みを終えたところだったので、本当に驚きました。
しかもその後届いた翼さんお仕事特集号の会報のお写真見ても、

3月中頃に撮られたというドッキリ映像を見ても、ランニング&ジムの成果か、

お顔もすごくすっきりして、爽やか可愛い系ビジュで、元気そうに見えるのに…。
本当に突然再燃してしまうものなのかなぁ…。つらいね…。
翼さんの背負うものが重すぎて、言葉が見つからないというか、
自分としてもどういうテンションでいれば良いのかわからず…。
会報と一緒に届いたお手紙にも胸が締め付けられ…。
もうこちらのことはいいから、とにかく翼さんにとって良きようになりますように!と祈るしかない。

 

あ、会報自体はほんと翼充な一冊で大満足!
翼さんの柔らかな表情が素敵だぁ。落ち着いた髪型もとても好き。
会報用の撮り下ろし&いろんなお仕事シーンのお写真が見られて嬉しかった!
てか、ほっんとうにこの会報が最後に届いて良かった。
これなかったら、会費払ってる翼ファン暴れる。


そして話を戻してラジオ。今回は代役等はなく、驚く程に速攻終了。
デビューちょい後から10年以上続けてきた番組も、終わるときはあっさりなんだね。

「最終回」とかもなく。
活動休止中だから、滝さんが出てくるのも違うしね。復帰の目途が立てられなかったのかな…。


そんな中4月に、滝沢さんからジャニウェブで翼さんへのメッセージが。「待ってる」って。
タキツバとしては活動休止中だったとしても、滝沢さんがいてくれるだけで安心できると思った。
自分自身もようやくここで現実に向き合えた。
まあしかし、まさか直接連絡取ってないとは思ってなかったよ…。

 


☆4月
今井さんアニメ吹き替えに初挑戦!
「レイトン ミステリー探偵社」の第1話にゲスト出演!
今井さんって声自体がすっごい魅力的だし、お芝居心あると思うのだが、
意外にもアニメはやったことなかったんですね!
てかファンの贔屓目なのかもしれないけど、今井さんアニメに声当てるのめちゃ上手じゃない!?
なんか声のお芝居がアニメキャラの表情にちゃんとリンクしてる!
翼さんの声だけど、普段の翼さんの声とはちょっと違っておもしろい。
そしていっぱい台詞があって嬉しい。
永久保存版のなかなか良きお仕事でした!
ちなみにもし入院してなかったら、イベントにも登場する予定だった模様。

そういや声のお仕事で言えば、20代中頃にやったラジオドラマも好きだったなぁ…。

 


☆5月
「オセロー」の降板が発表。
そうかぁ……。
公演自体はまだまだ先とはいえ、この頃から始動してたっぽいもんなー。
ちょっとお稽古したくらいじゃ太刀打ちできなさそうな作品だし…。
初シェイクスピア、久々の悪役…とかなり期待して楽しみにしていたので、
落胆しましたが、今井さんが一番つらいもんね、と心を無にする。

 


☆6月
翼さん銀幕デビューおめでとうございます!
映画「終わった人」出演!!
ラジオでのお話からして、役作りにしろ、お芝居のお勉強にしろ、かなり準備して挑んだことが伺えます。

 

感想としては…

今井さんが動いてる!ジムでカッコイイ筋トレしてキャーキャー言われてる!
オフィスで働いてる!社長!かっこいい〜〜!
……しゃ、社長!?え?あ?

…と、元気な今井さんのお姿を見られて感動したし、翼さんの人柄の良さが表れていて良かったけど、
いくら役柄とはいえ、ちょっとその当時の状況で見るのは辛いものがありました…。
でもキャスティング自体はとても感謝。監督ありがとうございます。


あとは「マリウス」が松竹座で開幕。
代役はきりちゃん。
きりちゃんはジャニの中でもかなり好きな子ですが、
どうしても翼さんじゃないマリウスを観る気にはなれず…。
返金対応してもらいました。
ごめんよきりちゃん。そして翼さんの想いを受け取ってくれてありがとう。

 


☆9月
16周年おめ!とかやっていたら、突如翌日深夜にやってくるまさかの解散してました連絡。
大事なお知らせあるから後で見に来てね!メールに悪い予感はしましたが、
それでもなお「解散はない」ってどこか思っていたし、思い込もうとしていた。
なので、解散してました、には驚きしかなかった。まさかそうなるとは思ってもいなかった。
それだからなのか、そのお知らせ見たときは、悲しくてぶわーっと泣いたんですけど、
その後は意外とふつうに過ごしてたんですよね、私。
なんか、実感なかった。てかわかってなかった。
活動休止前も、休止後も、解散前も、解散後も、タキツバが供給されないのっていつものことだから、
あんまり世界が変わった認識が持てなかったんですよね。
いつも通りタキツバ最近活動ないなーぐらいの認識。解散したことをちゃんとは受け止めてない的な。

 

あと、私の解釈としては、タキツバ解散は翼さんの意向が強いと思ってるので、
大好きな翼さんがそうしたいなら仕方ないっていう受け止め方でした。
これについては、別途だらだら書く…。

 

まあでも自分の変化で言えば、タキツバ楽曲(翼ソロ含む)が一切聞けなくなったな。
一度何気なく聞こうとしたら、あ、無理ってなって速攻止めた。
今これ聞いても、もう自分の目でふたりを見られることはないから虚しいだけだって思って。
その瞬間は自覚したけど、そこからタキツバ楽曲を封印したので、
しばらくまた解散を受け止めてないモードに入ってました。

 

 

☆10月
(ツイから転記)
翼さん、37歳のお誕生日おめでとうございます。
ずっと一緒にときを過ごせると思っていたから…、
まだ少し整理がつかないけれど、また会える日を楽しみに、気長にお待ちしています。
変わらずずーっと大好きです。
新しい環境の中、翼さんにとって幸せを感じる1年となりますように……

 


☆12月
前述の通りタキツバごとに関しては、意識的に何も考えず、心を無にして過ごしていたところ、
突如舞い込むタキツバ一夜限りの復活話!!(※結果的には2夜限り)

 

そして駆け込むかのようなベストアルバム発売!!
全楽曲・全特典映像を収録したネーム入りコンプリート盤も受注生産するよ!

 

なんかもう…嬉しすぎて、感動しすぎて……。
やっぱりこのふたりを好きで良かったなぁと。
ファンを何より大事に思っているふたりだから…あんな不義理な終わり方はしないって思ってたよ。
人としてとか礼儀とかを大事にしている翼さんが、あんな言葉だけのサヨナラはおかしいと思ってたよ。

 

そして何よりね、表舞台のラストとして、“タキツバでカウコン”を選択した滝沢さんが男前すぎて…。
最初から最後まで、ずーっと一貫して「翼とじゃないと」を徹底したことに、ほんと一生頭上がらない…。

 

滝沢さん、勇気を持って、翼さんを引っ張り出してくれてありがとう。調整とかきっと大変だったよね。
そして翼さんも無理をおして応えてくれて本当にありがとう。
最後にふたりそろった姿、しかもタキツバとして最高のパフォーマンスを見られて、本当に救われたよ。
最後の最後に、タキツバが、ふたりが、大好きだと、改めて思わせてくれました。

これで少しは成仏できるよ。


あと一時は音信不通疑惑となっていた滝沢さんと翼さんが連絡とっている(っぽい)のが

地味に、だがとーーーても嬉しかった。
活動休止〜解散あたりは、ちょっといろいろ心が離れていたかもしれないけど、
この一連のフィナーレにいたる過程で、少しはズレや思い違いが解消したんじゃないかなぁ…

と思いたい、信じたい。
そしてあまりにもふつうにジャニの一員をしている翼さんは、

まだ事務所退所してないんじゃないかと疑ったり。

 

ちなみに、タキツバ復活の報に感動した勢いのまま、カウコン申し込んだら、
ありがたくも当選したので、このことはまた別記事で。


滝沢さんの怒涛の露出ラッシュ感想としては、タキツバファンあるいは翼ファン的には、
何はともあれ金スマかな。あと8J。


金スマは、先輩のおかげで一番翼さん色があって。
タッキーの引退ではなく、タキツバのサヨナラとして扱ってくれてたのがほんとありがたくて。
本当は翼さんも呼びたかったけど来られないから、滝沢さんが代表でいるみたいなスタンス。

内容としても、過去映像のどれもが、小さな滝さんから青年になっても、

その隣には同じように成長していく翼さんの姿があって、尊すぎて愛しすぎて泣けた。
こんなにずっと一緒だったのに…なんでこうなってしまったのか……

という悔しさつらさ悲しさがまた新たにこみ上げたり。

 

その一方で、前半部分を見て改めて思ったのだが、
滝沢さんはいつもタキツバのこと、翼さんのこと、大事にして守ってくれていたけど、
ご自身のライフワーク程に熱をもって、

タキツバに対して突き詰めたり時間を割いたりはしなかったよなと。
それは翼さんもスタッフも同様で、それが結局こうなった一因なのかなとも思ったり。

 

あとこの番組でありがたかったのが、
活動休止以降、ふたりの関係性がどうなっているのかが見えなくて、

ずーっと不安というか、もやっとしていたのですが、ちょっと光が見えたこと。
翼さんからサプライズでお手紙が寄せられて、その瞬間滝沢さん、

おっと驚いて→口元そっこーゆるんで→ニマニマむにむにしながら手紙を「二度」チラ見 

したのを見て、あ、少なくとも滝沢さんは全然変わらず翼さんのこと好きだわ、

って確信できて本当に安心したんですよね。


8Jはタキツバのパフォーマンスは大変ありがたかったが、
滝翼としては固いな〜という印象。
一瞬目合わせて絡んでたけど、ほんとは君らこんなもんじゃないでしょ?
一体私たちの見ていた滝翼はどこに行ってしまったんだい??

 

タキツバ以外では、とうまさんがキャッキャして同窓会をエンジョイいるのにほっこりした。
あと30代になってのオープニングは、みなカッコ良くてステキだった。


そして最後の最後、FCからこれまた突如メールが来て、タキツバHISTORYなるものがオープン。
これも長くなるので別記事で。

 


☆総括
本当に怒涛の1年でした。
翼さんの状況変化、まさかの解散、そして最後に目まぐるしい動きを見せた年の瀬。
自分の向き合い方でいうと、ここ最近タキツバとは心理的に距離があったけど、
結局最後にはハマったときと同じぐらいの熱量になってしまった。

なんとなく目をそらし続け、考えないようにしてきた、ユニ活動なし期間や活動休止、そして解散。
でも、タキツバ一夜限りの復活報で、ようやく自分の中でも時が動き始め、
再びタキツバに向き合うことができ、

解散以降は聞けなくなっていたタキツバ楽曲もふつうに聞けるようになりました。
カウコンっていう未来が見えたら、何歌うかな、楽しみだなって、

プラスの感情で向き合うことができた。

 

でも一方で、カウコンが終わってしまうと、

解散発表以降ふわふわと現実逃避して特段感情的にならずに過ごしていたのが、
素晴らしいフィナーレを目にして、かえって解散した事実を突きつけられ、

精神がやられて、今に至ります。

 

で、気持ちの整理をするために、そして思い出として昇華するために、

今更ガシガシブログ書いていまーす。
ふう、ようやっと、振り返り終わった……。

 


ちなみに滝沢さんの活動メモ。
1月:弁護士になったり、火山探検家になったり。
4〜6月:いつも通り歌舞伎。初の名古屋もあったり。
先輩と組んでCD出してみたり(一切視界に入れてないので内容は全く知らない)。
5月にも火山探検家な一面が放送されたり。
12月:3年目となるDS。最後には特別公演も。あと物凄い露出ラッシュ。
翌1月:本人は引退しているのに、てか社長になったのに、お医者さんだったり。


そして翼さんソロ活動を振り返っても、ほんと充実してたんですよね〜。
初アニメ、初映画、初シェイクスピア、主演舞台再演……。
翼さんが創る世界ではないのがちと残念にせよ、新たに挑戦し、前に進んでいる活動ばかり。
でもそれが本人も無自覚のうちに負担になっていたのかなぁ…。
本当に、病気が憎いね……。

少しでも翼さんが落ち着けるよう、願うことしかできないのが歯がゆいです…。

 

タキツバごとを年次で振り返るのはこれが最後。
今後としては…、翼さんのお帰りをゆるーく気長に待ちつつ、

ふたり並んだ姿を死ぬまでにもう一度見られたら良いな〜ぐらいのスタンスで生きていきますかね。

 

滝翼 | - | -
スポンサーサイト
- | - | -