1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
余韻
AXELを聞きながら、今井さん好き〜とごろごろしております(笑)
ああ、もう、何だろう、この幸せ。
ふと気をゆるめれば顔は自然とニヤけて、
ふと気づけば、WWの何かしらの歌を口ずさんでいます。
目を閉じれば、くるくる踊る今井さんの姿がよみがえる。
今井翼の存在に、改めて感謝。
そしてこれだけ好きになれる人がいることを、幸せに思います。(痛い)

そんな中私が今思っていることは。
WWのサントラがほしいな〜(突然)
かなりたくさんの曲が使わているから、楽しいと思うんだよな〜。
それにやっぱり曲を聞くことで、その内容もよみがえってくるし。
今はほぼ全部歌えて、どんなダンスだったかもだいたいわかるけど、
そのうち忘れちゃいそうだからな〜。
DVDでももちろん良いんだけど、なんとなくサントラがほしい!
特にWWの曲はかなりお気に入りなので、いつかCDになると良いな。
というか。
日生にカメラが入ったという話を、未だ聞いていない気がするんですけど、
い、入れてくれますよ、ね…?
私自身は正直、日生を何が何でもDVDに!というほど強い思いは持っていないけれど、
23to24のころと比べて、ずっと進化し成長した今井翼を、
いいかげんそろそろ映像に残してほしいとは、切実に思います。
ついでに、各公演のDVD化私的考察。
カメラが入ってた、入ってなかったを考慮せずに。

"STYLE"
個人的な思い入れによりやっぱりあきらめきれない!
マイナス面としては2324との重複がありますが、
全体を通して今井翼のプロデュース(と思われる)ため、
衣装や照明やそしてもちろんダンスがホっントに素敵で、
一番「今井翼」の作品として見られるのでは。
また新曲や自作曲、アンダルシア、queenなど、新しいものもたくさん。
新曲&自作曲は、どれも未だ忘れられないし、
今回の舞台版も好きだが、"STYLE"版アンダルシアの高速ターンも、
もう一度見たくてたまらない。
MCも楽しかったな〜。
オープニングの後光も…とキリがない(笑)
ホント、私にとっては、いつまでたっても、
忘れられない=もう一度見たいコンサートです。

松竹
1部にWWの要素がぎゅっとつまっていますが、
日生と比べると、ボリュームダウンしたものであることは確か。
しかしフラメンコは、個人的にはこっちの方が好きだな〜。
2部はこれといって新しいものはないものの、
哀しみとBecoolは是非とももう一度見たい。約束も良かった。


日生
言うまでもなく、一番新しく、一番盛りだくさん。
DVDになれば例の部分はうまいことカットされて、良い感じの作品になるだろうが、
衣装が微妙なのと、これが今井翼の作品です!と胸を張って残して良いものかと、
未だにぐずぐず思ってしまう。 いや、間違いなく翼さんの作品ではあるんですけど…。
見ることに関しては楽しんだけど、残すとなると話は別。
せめて衣装変更前で!
あとたぶん発売されても、一般的には、
へ〜今井翼も堂本光一と似たようなことやってんだね〜
ってなりそうなのもちょっと嫌…。


どれが一番皆様ご希望なんですかね〜。やっぱ日生ですかね?
私は"STYLE"と日生の両方がDVDになって、そしてなおかつ松竹の哀しみ&Becolが付けば、
一番嬉しいですけど(要望多すぎ笑)、ぶっちゃけもうなんでも良いです。
とにかく今井翼の映像作品がほしいー!
ということで、日生に早くカメラを入れてほしいと思います。
これまでDVDになりませんじゃ、悲しすぎてどうしていいかわからない。
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT